積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託2本を紹介

積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託2本を紹介
  • URLをコピーしました!

私は2017年ごろから投資信託での運用を始め、現在は約350万円の投資信託、ETFを含めると1,200万円を運用しています。

これまで自身の投資信託ポートフォリオをブログで公開してきましたが、最終的に積立NISAで1つ、iDecoで1つ、計2本のシンプル運用としました。

今回は積立NISAとiDecoで運用しているファンド2つを紹介します。

この記事を読んでほしい方

積立NISAとiDecoで運用する投資信託を絞りたい方

投資信託をシンプルに運用したい方

投資信託だけでなくETFも気になっている方

  • 手数料などの数値は2022年1月23日時点、私が実際に利用しているSBI証券の数値を引用しています。
  • 本記事はおてぴが実際に運用・おすすめしている銘柄を紹介していますが、特定の銘柄の購入を推奨するものではありません。
  • 画像はクリックして拡大できます。
  • 目次をクリックで好きなところにジャンプできます。
  • 各数値等は最新情報のご確認をお願いいたします。
  • 慎重かつ適正な記事作成に努めておりますが、掲載内容の適時性、正確性、有用性等に関して一切保証するものではありませんのでご理解いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログの運用実績を除く投資に関する情報は、個人的見解であり、投資に関する決定は自らの判断と責任により行っていただきますようお願いいたします。
目次

積立NISAとiDecoのおおすすめ投資信託と積立状況

まずは結論から。

おてぴは積立NISAとiDecoでインデックス運用をしており、そのおすすめ投資信託と積立状況はこちらです。

口座ファンド積立状況
積立NISAニッセイ外国株式インデックスファンド年40万円(満額)
iDecoSBI全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)月1万2千円(満額)
特定口座野村外国株式(2513)又はMX海外株式(1550)月10万円
積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託

積立NISAとiDecoで一銘柄ずつのシンプル運用にしています。

資産クラス(株・債券・REIT/先進国・新興国など)は使用目的や使用時期、取り崩しの期間によって決めています。

おてぴ

選び方は次の記事で詳しく紹介しています。

積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託の概要

積立NISAのおすすめ投資信託

積立NISAでは<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド1本を運用しています。

おてぴ

積立の目的は子どもの教育資金に充てるためです。

トリプルA

どんな投資信託なの?

積立NISAおすすめ投資信託
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 日本を除く主要先進国の株式に投資することによりMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。
  • 売買手数料:ノーロード
  • 信託報酬:0.1023%以内
  • 信託財産留保額:なし
  • 解約手数料:なし
MSCIコクサイ・インデックス

「MSCIコクサイ・インデックス」はMSCI(モルガンスタンレー・キャピタル・インターナショナル)社が提供する世界の株式を対象とした指数で、MSCI All Country World Index (ACWI:アクイ)から、新興国と日本を除外したもの(先進国から日本を除外したもの)。

具体的には

  • 先進国23か国から日本を除く22か国で構成
  • 大型株・中型株1,318銘柄(※)が時価総額(価格×流通株数)の大きい順で組み込まれている

参照元:楽天証券

これまで解約せずに生き残ってきた、我が家の複利運用の核です。

最近ではどのインデックスファンドでも信託報酬は低いですが、低い信託報酬の先駆けと言えるため信頼しています。

トリプルA

eMAXIS Slimの方が信託報酬が低いんじゃないの?

おてぴ

ここまでくると大差ないため乗り換えるほどではありません。

iDecoのおすすめ投資信託

iDeCoではSBI全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)一本で運用しています。

おてぴ

積立の目的は老後資金と毎年の所得控除です。

トリプルA

こっちはどんな投資信託なの?

iDecoおすすめ投資信託
SBI全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)
  • 3つのETFで全世界株式に投資しており、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動する投資成果を目指す。
  • 売買手数料:ノーロード
  • 信託報酬:0.0682%(実質的な信託報酬:0.1102%)
  • 信託財産留保額:なし
  • 解約手数料:なし
SBI・全世界株式インデックス・ファンドの仕組み
SBI・全世界株式インデックス・ファンドの仕組み(引用元:目論見書
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

「FTSEグローバル オール・キャップ インデックス」はFTSE社が開発した指数で、全世界の大型、中型、小型株の市場の動きを表す指数です。先進国株式及び新興国株式が対象とする。

具体的には

  • 49の先進・新興国市場
  • 16,000銘柄を超える大型株、中型株、小型株
  • 世界の時価総額の約98%をカバー

参照元:公式サイト

特定口座のおすすめ投資信託

我が家では子どもの教育資金を積立NISAで用意するようにしています。

トリプルA

でも積立NISAだけで教育資金貯めれるの?

おてぴ

私立大学理系だと足りないかも・・・

そこで、特定口座でも投資信託を購入することとしています。

投資信託と言ってもETF(上場投資信託)です。

銘柄は「野村外国株式」(2513)又は「MX海外株式」(1550)を積立購入しています。

おてぴ

どちらもニッセイ外国株式インデックスファンドと同じく、MSCIコクサイ・インデックスをベンチマークとしています。

実は特定口座でも、ニッセイ外国株式インデックスファンドを積立していました。

トリプルA

どうして投資信託からETFに切り替えたの?

おてぴ

ETFの積立に切り替えた理由は次の記事で紹介しています。

積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託の運用実績

トリプルA

推しのファンドは分かったけど、これまでの成績はどうなのよ?

おてぴ

時期によって含み損益は変わるけど、長期だと安定して増えているよ。

直近の運用実績はこちらで紹介しています。

積立NISAとiDeCoのおすすめ投資信託までの経緯

これまで積立していた投資信託の確定損益はこちらです。

区分ファンド確定利益
特定口座ニッセイ外国株式インデックス444,046円
特定口座eMAXIS Slim 先進国リートインデックス122,995円
特定口座eMAXIS Slim 新興国株式インデックス2,959円
特定口座One-企業価値成長小型株ファンド54,710円
特定口座eMAXIS Slim 8資産均等277,188円
特定口座その他55,726円
iDeCoセゾン・グローバルバランスファンド155,544円
iDeCoセゾン資産形成の達人ファンド66,662円
合計1,092,876円
投資信託の確定損益【2022年5月末時点】

これまで右往左往してきたことが分かりますが、やっと自分の投資スタイルが確立してきました。

おてぴ

特定口座の運用を時期で分けるとこんな感じです。

第1期  2017年頃~2021年8月
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)・・・7割
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド・・・3割

eMAXIS Slim バランス(8資産均等)の確定利益=277,188円

第2期 2021年8月~2021年9月
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド・・・80%
  • 企業価値成長小型株ファンド(愛称:眼力)・・・5%
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス・・・5%
  • eMAXIS Slim先進国債券インデックス・・・定額100万円
  • eMAXIS Slim先進国リートインデックス・・・5%
  • 仮想通貨・・・5%(投資信託と同じポートフォリオに含めるつもりだった)

企業価値成長小型株ファンド(眼力)の確定利益=54,710円

eMAXIS Slim 先進国債券の確定利益= 5,865円

第3期 2021年10月~
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド・・・85%
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス・・・10%
  • eMAXIS Slim先進国リートインデックス・・・5%

eMAXIS Slim新興国株式インデックスの確定利益=2,959円

eMAXIS Slim先進国リートインデックスの確定利益=122,995円

最終的には、特定口座のニッセイ外国株式インデックスも全て売却し、444,046円の利益を確定しました。

トリプルA

iDecoのこれまでの運用はどうだったの?

iDecoは当初「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」7割と「セゾン資産形成の達人ファンド」3割で運用していました。

現在は先ほど紹介したとおり、SBI全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)にスイッチングしています。

おてぴ

スイッチングした経緯は次の記事で紹介しています。

トリプルA

積立NISAのこれまでの経緯は?

おてぴ

積立NISAだけは最初から今までニッセイ外国株式インデックスファンドを継続しています。

おてぴ

そして、現在の最終形の運用を再掲しておきます。

口座ファンド積立状況
積立NISAニッセイ外国株式インデックスファンド年40万円(満額)
iDecoSBI全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)月1万2千円(満額)
特定口座野村外国株式(2513)又はMX海外株式(1550)月10万円
積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託
トリプルA

積立額の何割とか考えずシンプル運用で気分もすっきりね。

まとめ

今回はおてぴが実際に運用している積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託を紹介しました。

トリプルA

これまでころころとポートフォリオを見直してきたね。

おてぴ

今思うと、ころころ変えるのは本当に神経すり減らすだけでした。

これから投資信託を始めようという方、ポートフォリオを見直そうとしている方、少しでも皆さんの参考になればと思います。

おてぴ

これからも運用実績を継続して紹介していきます。

投資信託を検討していて口座開設していない方はまずは無料の口座開設しておきましょう。

始めることが一番大事です。

投資信託や株式で一番おすすめなのはやはりネット証券でサイトが見やすい、使いやい、手数料が安いSBI証券です。

株式やETFを最大限活用したいのであれば、代用有価証券FXが使いやすいDMM 株、DMM FXがおすすめです。

男性 喜びの顔

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!

参考になったと思ったら、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

積立NISAとiDecoのおすすめ投資信託2本を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

仲良くしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代/妻と子2人/元税務署職員/FP2級
持ち家のローン地獄と戦いながら、代用有価証券FX×ETF積立をメインに約1500万円運用中です。
iDeco/積立NISA/仮想通貨積立/高配当株/株主優待などに分散投資しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次