代用有価証券FXによる投資信託の複利効果

代用有価証券FXによる投資信託の複利効果
  • URLをコピーしました!

インデックス投資信託を長期で運用した場合の複利効果はすごいって話、よく聞きますよね。

こちらの記事では、投資信託の複利効果に代用有価証券FXの複利効果をプラスしたらどうなるか確認した結果を紹介します。

この記事を読んでほしい方

インデックス投資信託の複利効果ってどのくらい?

代用有価証券FXの複利効果ってどのくらい?

  • 画像はクリックして拡大できます。
  • 目次をクリックで好きなところにジャンプできます。
  • 各数値等は最新情報のご確認をお願いいたします。
  • 慎重かつ適正な記事作成に努めておりますが、掲載内容の適時性、正確性、有用性等に関して一切保証するものではありませんのでご理解いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログの運用実績を除く投資に関する情報は、個人的見解であり、投資に関する決定は自らの判断と責任により行っていただきますようお願いいたします。
目次

代用有価証券FXの複利効果とは

トリプルA

そもそも代用有価証券FXって何?

おてぴ

株式やETFを運用しながら、それらの評価額の7割を証拠金として使えるサービスです。

現金の入金なしで、株やETFを活用して代用有価証券FXを行い、それらで得た利益をさらに株やETFの購入に充てることができます。

購入した株やETFはさらに代用有価証券FXに使えるという、とんでもないサイクルができます。

トリプルA

インデックスの投資信託の積立してなかった?

おてぴ

代用有価証券FXを知ってからはETF(上場投資信託)に切り替えました。

ただし、積立NISAとiDecoはこれまでどおり投資信託を積立しています。

話を戻します。

おてぴは、毎月入金して先進国株をインデックスとするETFを積立購入しています。

毎月の入金額に加えて、代用有価証券FXで得た利益もETF購入にオンすることができます。

代用FXの確定利益をETF積立に活用できる
代用FXの確定利益をETF積立に活用できる
入金額以上のETF購入が可能
入金額以上のETF購入が可能

つまり、

インデックス投資の利回り=入金して購入したETFの利回り+代用有価証券FXの利益で購入したETFの利回り

とすることができます。

これらを前提として、毎月一定額入金しながら、長期で運用した場合の複利効果を確認してきます。

投資信託からETFに切り替えるメリット・デメリットはこちらの記事でも紹介しています。

毎月入金による投資信託の複利効果

インデックス投資は長期の運用であれば右肩上がりの相場を想定しています。

トリプルA

インデックス投資の一般的な利回りは多くのサイトで掲載されているよね。

おてぴ

ここでは年4%として計算してみましょう。

月3万円積立し、20年後の結果がこちらです。

  • 月積立 3万円
  • 年利回り 4%
  • 積立年数 20年
複利効果_投資信託のみ
複利効果_投資信託のみ

結果は、投資元金720万円に対して、最終積立金額は1,100.3万円(+約380万円)です。

おてぴ

20年というと長期間積立で約377万円の利益になります。

トリプルA

もちろん取り崩し期に暴落という可能性もあるけどね。

ちなみに都銀の預金利率0.001%で計算すると、7,200,717円(+717円)です。

トリプルA

ちょっと信じられない差ね。

おてぴ

複利は人類最大の発明だからね。

代用有価証券FXによる投資信託の複利効果

次に投資信託を活用して代用有価証券FXの確定利益をさらに投資信託の購入に充てた場合を見ていきます。

トリプルA

そもそも代用有価証券FXの確定利益ってどのくらいなの?

まずは前提となるトレード方法について紹介します。

裁量トレードでは各人の実力だったり、波があったりと、複利効果というものは発生しないように感じます。

そこで、今回はトラリピで運用した場合で考えることにします。

おてぴ

トラリピはFX初心者に広く浸透しているよ。

トラリピについてはこちらで詳しく紹介しています。

トラリピは、決まったレートで新規注文、決済注文を出すトレード方法であるため、同じ設定であれば誰がやっても同じ結果が得られます。

おてぴ

ブログなどでは資産額に対して月1%(年12%)の利益を目指している方が多いです。

代用有価証券FXにおける資産額は株やETFの70%のため、毎月入金して購入したETFの70%とすべきです。

おてぴ

しかし、計算が超絶煩雑になります。

トリプルA

どうするのよ。

仮に4年目の資産額である155.9万円を代用した109.1万円(155.9万円の70%)を活用。

その1%の約1万円を利益確定できるとします。

トラリピの確定利益
トラリピの確定利益
おてぴ

つまり、毎月1万円を上乗せしてETFを購入できると仮定しましょう。

もちろん運用の後半では資産額はもっと大きいため、代用有価証券FXの利益確定ももっと大きいはずです。

今回のシミュレーションではかなり低く見積もっている、ということになります。

結果はこちらです。

  • 月積立 4万円(現金入金の3万円+代用有価証券FXの確定利益1万円)
  • 年利回り 4%
  • 積立年数 20年
複利効果_投資信託+代用FX
複利効果_投資信託+代用FX

結果は、投資元金960万円(720万円現金入金+代用FXの確定利益240万円)に対して、最終積立金額は1,467.1万円(+約507万円)です。

先ほどの現金入金だけの場合と比較するとこうなります。

投資元金資産額
現金入金のみ720万円1,100.3万円
代用FXをした場合960万円1,467.1万円
240万円366.8万円
おてぴ

代用有価証券FXの利益を投資信託の購入に回すと約360万円の差になります。

トリプルA

投資信託のみの複利効果もすごいけど、さらに利益上乗せね。

まとめ

投資信託(ここではETF)によるインデックス投資の複利効果だけでも、月3万円、年4%利回り、20年積立では元金720万円に対して資産額1,100.3万円。

トリプルA

これだけでも十分な利益ね。

しかし、その投資信託を活用した代用有価証券FXを併用した場合、同じ積立額・期間でも資産額1,467.1万円となり、366.8万円も上乗せすることができます。

おてぴ

同じ毎月入金でもこんなに違う。。。

しかも、先述したとおり、これは代用有価証券FXの確定利益を1万円として計算しており、かなり低く見積もっています。

運用後半では資産額がもっと大きいため、代用有価証券FXによる確定利益はさらに大きい可能性も十分あり、それによるETF購入、複利効果は含まれていません。

もちろん、20年後の投資信託の評価額、代用有価証券FXの含み損は不明確です。

しかし、それは投資信託だけやっている場合であっても同じです。

同じインデックス投資をしていながらも、少なく見積もって約360万円の差、これを掴めるかは始める勇気があるかです。

おてぴ

どうせインデックス投資をするならそれを活用しない手はないかと。

トリプルA

やってみる価値はありそうね。

株式や投資信託を活用した代用有価証券FXの始め方はこちらで紹介しています。

おてぴは毎月の運用実績を紹介しています。

男性 喜びの顔

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!

参考になったと思ったら、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

代用有価証券FXによる投資信託の複利効果

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

仲良くしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代/妻と子2人/元税務署職員/FP2級
持ち家のローン地獄と戦いながら、代用有価証券FX×ETF積立をメインに約1500万円運用中です。
iDeco/積立NISA/仮想通貨積立/高配当株/株主優待などに分散投資しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次