投資信託の運用実績をブログで公開【2021年11月】

投資信託の運用実績をブログで公開(2021年11月)
  • URLをコピーしました!

私が一番長く続けている資産運用、投資信託の運用実績について月次で報告しています。

今回は2021年11月の投資信託の運用実績です。

この記事を読んでほしい方
  • 実際に投資信託を運用している人のファンド、ポートフォリオを見てみたい。
  • そのファンド、ポートフォリオでどのくらいの利益が出ているのか実績を知りたい。

この記事を書いているのはこんな人

男性 喜びの顔
おてぴ(@おてぴ
  • 30代前半夫婦・2人の子どもの4人家族/持ち家
  • 元税務署職員/FP2級
  • 代用有価証券FX×ETF積立をメインで1,500万円運用中
  • その他は高配当株、iDeco、積立NISA、仮想通貨積立などで分散投資

詳しいプロフィールはこちらで紹介しています。

  • 画像はクリックして拡大できます。
  • 目次をクリックで好きなところにジャンプできます。
  • 各数値等は最新情報のご確認をお願いいたします。
  • 慎重かつ適正な記事作成に努めておりますが、掲載内容の適時性、正確性、有用性等に関して一切保証するものではありませんのでご理解いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログの運用実績を除く投資に関する情報は、個人的見解であり、投資に関する決定は自らの判断と責任により行っていただきますようお願いいたします。
目次

投資信託の運用実績【2021年11月】

投資信託の運用実績【2021年11月累計】
投資信託の運用実績【2021年11月累計】
  • 今月以前は、正確な投資元金を計上していなかったため、評価額-損益を投資元金として計算しています。

今月の売買は次のとおりです。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
 → 421,759円 解約(全口数)

eMAXIS Slim 先進国リートインデックス
→ 150,000円 解約(定額)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
→ 47,076円 積立購入

これまで投資信託3本立てで積立を行ってきましたが、代用有価証券FXを開始したため、一部投資信託を解約し、代用有価証券FXの証拠金に利用できるETFの積立に大幅方向転換を行っています。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの全口数解約とeMAXIS Slim 先進国リートインデックスの一部解約を行いました。

eMAXIS Slim 先進国リートインデックスも時期を見て全口数解約します。

今後は積立NISAの満額利用の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドのみの積立を続けていきます。

これまでの実績経過を含めて一覧にまとめると次のとおりです。

スクロールできます
ファンド名先月末評価額今月売買今月末評価額対前月含み損益確定損益
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
5,249,101円47,076円5,170,138円-126,039円646,028円0円
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス412,797円-421,759円0円8,962円2,935円
eMAXIS Slim 先進国リートインデックス551,535円-150,000円393,215円-8,320円74,155円33,219円
One-企業価値成長小型株ファンド利益確定済54,710円
eMAXIS Slim 8資産均等利益確定済277,188円
その他利益確定済13,519円
合計6,213,433円-524,683円5,563,532円-125,398円720,183円381,571円
投資信託の運用実績(2021年11月末時点)

2021年11月末時点の投資信託の評価額は5,563,352円、含み益が720,183円、これまでの確定利益が381,571円となっており、含み益と確定利益の合計は1,101,754円と100万円を突破しています。

今後の方針

こでまで1か月に約10万円の積立を行ってきましたが、前述したとおり、代用有価証券FXを開始したため運用方針を大幅転換しました。

今後は積立NISA満額の1か月約33,333円×夫・妻の2人分で66,666円を<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの積立に充てます。

全てをDMM株券担保FXに充てない理由は簡単に述べると次の2つです。

  1. 積立NISAの非課税制度のメリット大
  2. 投資信託の方が解約時のデメリットが小

積立NISAの非課税制度のメリット大

投資信託の譲渡益は譲渡所得であり、今のところ譲渡所得に係る税率は所得税・地方税合わせて20%です。

積立した投資信託がどの程度含み益を増やしていくかはもちろん未知数ですが、現在の含み益720,183円を仮に売却した場合に発生する所得税は約14万4千円とかなり大きいです。

今後10年、20年と積立した場合にはもっと大きな含み益を期待しているため、税率20%が非課税になるというのはかなり大きいメリットと感じています。

代用有価証券FXでは月利1%を目標にしているため→1年で12%→10年で120%→所得税の20%を引いても96%となるため、もしかすると積立NISAによる所得税の非課税よりもよっぽど利益が大きいかもしれません。

しかし、やはり積立に手間がかからないこと、確実に税率20%分だけ利益になること、次の2の理由を加味してDMM株券担保FXよりも優先して積立を続けることとしました。

投資信託の方が解約時のデメリットが小

我が家では学資保険に入っていません。

投資信託の積立を学資保険の代わりに行っているためです。

そうなると、大学の入学費用や学費など、資金が必要になったときに解約しやすい、現金化しやすいかというのが問題になってきます。

その点、投資信託はその時の評価額に影響を受けることはありますが、大暴落が来ていない限りはプラスで解約できる可能性が高い。(大暴落来ているとかなり解約しづらいですが。)

一方、代用有価証券FXで積立するETFは解約時に制約を受ける可能性が高い

ETFをFXの証拠金として利用するため、FXのポジションを多くもっている場合にはETFを解約してしまうとロスカットになってしまうため、解約できないという状況が発生しうるのです。

必要なときに必要な資金が確保できないのは、特に子どもの学費となると判断材料としては大きいです。

以上、2つの理由から、引き続き積立NISA分は投資信託の積立を継続していきます!

まだ投資に踏み出せていない方や、投資しているけど他の方の運用結果はどんな感じだろうと気になっている方の参考になればと思います。

投資信託を検討していて口座開設していない方はまずは無料の口座開設しておきましょう。

始めることが一番大事です。

投資信託や株式で一番おすすめなのはやはりネット証券でサイトが見やすい、使いやい、手数料が安いSBI証券です。

株式やETFを最大限活用したいのであれば、代用有価証券FXが使いやすいDMM 株、DMM FXがおすすめです。

男性 喜びの顔

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!

参考になったと思ったら、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

投資信託の運用実績をブログで公開(2021年11月)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

仲良くしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代/妻と子2人/元税務署職員/FP2級
持ち家のローン地獄と戦いながら、代用有価証券FX×ETF積立をメインに約1500万円運用中です。
iDeco/積立NISA/仮想通貨積立/高配当株/株主優待などに分散投資しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次