トラリピ【マネースクエア】のおすすめ5通貨ペア③ ~設定編~

トラリピ【マネースクエア】のおすすめ5通貨ペア③ ~設定編~
  • URLをコピーしました!

今回はおてぴがおすすめし、実際に運用している5通貨ペアの設定やそのバックテストの結果を紹介していきます。

トラリピ【マネースクエア】のおすすめ5通貨ペアの第3回(最終回)になります。

こちらの記事を読んでほしい方

実際にトラリピをしている人の設定例を見てみたい。

その設定でどのくらいの利益が出そうなのか知りたい。

そんな方たちの参考になればと思います。

ちなみに第1回では、おすすめしている5通貨ペアの特徴や採用理由を紹介。

第2回では、おすすめしている5通貨ペアの相関係数を確認し、リスク分散具合を紹介しています。

  • 画像はクリックして拡大できます。
  • 目次をクリックで好きなところにジャンプできます。
  • 各数値等は最新情報のご確認をお願いいたします。
  • 慎重かつ適正な記事作成に努めておりますが、掲載内容の適時性、正確性、有用性等に関して一切保証するものではありませんのでご理解いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログの運用実績を除く投資に関する情報は、個人的見解であり、投資に関する決定は自らの判断と責任により行っていただきますようお願いいたします。

(2022年1月17日追記)

現在はマネースクエアのトラリピを撤退し、代用有価証券FXによる手動トラリピに完全移行しています。

最新の代用有価証券FXの運用実績はこちらで紹介しています。

目次

おすすめ5通貨ペア設定の前提

おてぴの場合、投資元金は300万円です。

そして、次のコンセプトを持って設定を行いました。

  1. FIREを達成できた際に、誰でもまねできるような分かりやすい設定にしたい。
  2. できるだけ安全にしたいが、利益率も高くしたい。(当然のことですが。。。)

②が実現できれば誰も苦労しないのですが、できるだけね。

この思いから具体的には次のように設定しています。

  1. 全てハーフ&ハーフの設定とする。
  2. 通貨ペアによって広いレンジでメンテナンスを楽にするものと、狭いレンジで勝負するものとでメリハリを付ける。

諸先輩方のブログを拝見すると、2つの通貨ペアのハーフ&ハーフにするなど工夫を凝らしている方もいらっしゃいます。

しかし、おてぴはできるだけ再現性のあるFIREを目指しているため、分かりやすくも資金効率がいいとされている通常のハーフ&ハーフとします。

また、おてぴは5通貨ペアで運用をしますが、全てを広いレンジでメンテンナンス不要とするのは必要資金が大きくなって利益率が下がってしまうため、一部の通貨ペアは狭いレンジで攻める設定とし、メリハリをつけます。

  • ユーロ/英ポンド → 狭いレンジで攻める
  • 豪ドル/NZドル → 狭いレンジで攻める
  • カナダドル/円 → 広いレンジでメンテ不要
  • NZドル/米ドル → 広いレンジでメンテ不要
  • 豪ドル/円 → 広いレンジでメンテ不要

そして、何も後ろ盾がないのも説得力に欠けると思い過去5年間のバックテストも行いました。

ただし、ここ5年間でのバックテストは狭いレンジで攻める通貨ペアにとって有利な期間となっているため、参考程度にすべきとは思っています。

バックテストのツールは、次の記事で紹介されているブロガーのアビさんのバックテストツールを使用させていただきました。

トラリピ|バックテストツールの使い方について

エクセルで使いやすく、とても有効なツールをありがとうございます。大切に使用させていただきます。

おすすめ5通貨ペアの設定・バックテスト

ユーロ/英ポンド

トラリピ設定

ユーロ/英ポンドの狭いレンジで攻める設定は次のとおりです。

マネースクエアの戦略も参考にした上で設定を行いました。

ここ最近の動きは小さいため利益幅は0.006ドルと小さくしていますが、ここは相場の雰囲気に応じて変更していきます。

レンジ売買注文金額トラップ本数トラップ幅利益幅
0.832~0.882ポンド買い1,00051本0.001ポンド0.006ポンド
0.883~0.933ポンド売り1,00051本0.001ポンド0.006ポンド
ユーロ/英ポンドのトラリピ設定

実際の設定画面はこちら。

ユーロ/英ポンドのトラリピ設定
ユーロ/英ポンドのトラリピ設定

広いレンジでメンテ不要とは違って、ここ数年の動きが多い箇所にレンジを設定しています。

ユーロ/英ポンドのトラリピ設定(月足)
ユーロ/英ポンドのトラリピ設定(月足)

週足だけ見ると、すっぽりレンジがハマっています。

ユーロ/英ポンドのトラリピ設定(週足)
ユーロ/英ポンドのトラリピ設定(週足)

バックテスト

気になるバックテストですが、やばい結果になっています。

最大含み損も小さく、平均利益率も驚異の55.6%。

今後も同じ相場が続くわけではありませんが、期待が膨らみます。

ただし、ここ数カ月の確定利益が小さいため不安が残りますね。

とりあえずは長い目で見ておきます。

決済回数1,615回
累計利益1,358,624円
最大含み損-261,280円
最大必要資金493,472円
平均利益率55.06%
ユーロ/英ポンドのバックテスト(5年間|2016.4~2021.3)

豪ドル/NZドル

トラリピ設定

豪ドル/NZドルも次のように狭いレンジで攻める設定です。

こちらもマネースクエアのトラリピ戦略であるダイヤモンド戦略を大いに参考にしています。

1.040~1.070ドルは0.0005ドル間隔でトラップを仕掛けています。

(1.0405~1.0695ドルの買いについては、まだ設定が途中で1.0405~1.0645ドルの注文となっています。)

ユーロ/英ポンド同様、利益幅は0.006ドルと小さくしていますが、相場の雰囲気に応じて変更していきます。

レンジ売買注文金額トラップ本数トラップ幅利益幅
1.009~1.069ドル買い1,00061本0.001ドル0.006ドル
1.0405~1.0695ドル買い1,00031本0.001ドル0.006ドル
1.0705~1.0995ドル売り1,00031本0.001ドル0.006ドル
1.070~1.130ドル売り1,00061本0.001ドル0.006ドル
豪ドル/NZドルのトラリピ設定

実際の設定画面はこちら。

豪ドル/NZドルのトラリピ設定
豪ドル/NZドルのトラリピ設定

ユーロ/英ポンド同様、ここ数年の動きが多い箇所にレンジを設定しています。

豪ドル/NZドルのトラリピ設定(月足)
豪ドル/NZドルのトラリピ設定(月足)

週足だけ見ると、すっぽりレンジがハマっています。

豪ドル/NZドルのトラリピ設定(週足)
豪ドル/NZドルのトラリピ設定(週足)

バックテスト

豪ドル/NZドルのここ5年間のバックテストもすごいことになっています。

※ 0.001ドル間隔のレンジと0.0005ドル間隔のレンジを合わせたバックテスト方法が分からなかったため、1.009~1.130ドルで0.001ドル間隔のトラップによるバックテストと、1.040~1.110ドルで0.0005ドル間隔のトラップによるバックテストをそれぞれ行っています。

低く見積もって1.009~1.130ドルのレンジで0.001ドル間隔のトラップの場合(左の結果)だけ見ても平均利益率39.60%。

今後も同じレンジでの変動を期待です。

決済回数1,505回1,262回
累計利益675,126円567,452円
最大含み損-143,523円-106,205円
最大必要資金340,997円211,899円
平均利益率39.60%53.56%
豪ドル/NZドルのバックテスト(5年間|2016.4~2021.3)

カナダドル/円

トラリピ設定

ここからは、広いレンジでほぼメンテナンス不要を目指した設定です。

現在はトラップ幅が0.4円間隔ですが、確定利益を積み重ねて最終的には0.1円間隔にしていきたいと考えています。

レンジ売買注文金額トラップ本数トラップ幅利益幅
70.6~95.0円買い1,00062本0.4円0.8円
95.4~119.8円売り1,00062本0.4円0.8円
カナダドル/円のトラリピ設定

実際の設定画面はこちら。

カナダドル/円のトラリピ設定
カナダドル/円のトラリピ設定

月足チャートでもすっぽり入るようなレンジ設定にしています。

カナダドル/円のレンジ相場はきれいです。

カナダドル/円のトラリピ設定(月足)
カナダドル/円のトラリピ設定(月足)

バックテスト

気になるバックテストですが、広いレンジでメンテナンス不要で平均利益率13.40%とは。

前評判どおりのトラリピにうってつけの通貨ペアです。

決済回数442回
累計利益353,600円
最大含み損-382,140円
最大必要資金527,868円
平均利益率13.40%
カナダドル/円のバックテスト(5年間|2016.4~2021.3)

NZドル/米ドル

トラリピ設定

広いレンジでほぼメンテナンス不要を目指した設定はこちら。

現在はトラップ幅が0.004ドル間隔ですが、確定利益を積み重ねて最終的には0.001円間隔にしていきたいと考えています。

レンジ売買注文金額トラップ本数トラップ幅利益幅
0.504~0.700ドル買い1,00050本0.004ドル0.007ドル
0.704~0.900ドル売り1,00050本0.004ドル0.007ドル
NZドル/米ドルのトラリピ設定

実際の設定画面はこちら。

NZドル/米ドルのトラリピ設定
NZドル/米ドルのトラリピ設定

月足チャートにおいては、リーマンショック以降のレンジがすっぽり入るような設定にしています。

NZドル/米ドルのトラリピ設定(月足)
NZドル/米ドルのトラリピ設定(月足)

バックテスト

気になるバックテストの結果はこちら。

こちらも最大必要資金は少なくて済み、平均利益率12.55%と高い数値を誇っています。

カナダドル/円と同様にメンテナンス不要で安定して稼いでほしいですね。

決済回数346回
累計利益262,885円
最大含み損-315,573円
最大必要資金419,096円
平均利益率12.55%
NZドル/米ドルのバックテスト(5年間|2016.4~2021.3)

豪ドル/円

トラリピ設定

最後に、豪ドル/円の広いレンジでほぼメンテナンス不要を目指した設定はこちら。

現在はトラップ幅が0.4円間隔ですが、確定利益を積み重ねて最終的には0.1円間隔にしていきたいと考えています。

レンジ売買注文金額トラップ本数トラップ幅利益幅
50.40~82.00円買い1,00070本0.4円0.9円
82.4~110.00円売り1,00070本0.4円0.9円
豪ドル/円のトラリピ設定

実際の設定画面はこちら。

豪ドル/円のトラリピ設定
豪ドル/円のトラリピ設定

月足チャートがすっぽり入るレンジとしています。

豪ドル/円のトラリピ設定(月足)
豪ドル/円のトラリピ設定(月足)

バックテスト

バックテストの結果がこちら、カナダドル/円と比べると最大必要資金も少し大きく、平均利益率も少し劣っていますが、今後も同じ結果とは限りません。

カナダドル/円に不調が現れた際には補完してくれるような役割を期待しています。

決済回数436回
累計利益392,400円
最大含み損-513,600円
最大必要資金647,958円
平均利益率12.11%
豪ドル/円のバックテスト(5年間|2016.4~2021.3)

おすすめ5通貨ペアのリスクシミュレーション

リスクシミュレーションしよう

ここまでおすすめ5通貨ペアの設定とバックテストの結果を見てきました。

しかし、いくら利益率が良くても運用途中でロスカットされてはそれまで積み上げた確定利益も水の泡です。

リスク管理は徹底して行う必要がありますね。そこで。

複数通貨ペアでロスカットされないかを確認するためには、マネースクエアのリスクシミュレーションを使用して、自分が想定している最悪のレートで証拠金維持率が100%を切らないかを確認します。

今回はブロガー鈴さんのリーマンショック時に含み損が大きかったという次のレートで試しました。

通貨ペア入力するレート
EUR/JPY128.56
EUR/GBP0.965
AUD/JPY56.33
AUD/USD0.635
AUD/NZD1.281
NZD/JPY45.1
NZD/USD0.505
CAD/JPY68.42
USD/JPY94.62
GBP/JPY141.56
入力するレート(2009年1月)

参考にさせていただいた記事はこちらです。→【複数通貨ペアのリスク管理】トラリピのロスカットレートをシミュレーションしよう!!

リスクシミュレーションの手順

実際の入力手順を見ていきましょう。

分かりにくいですが、次のメニューから開きます。(アプリにはない機能です。)

リスクシミュレーションのメニュー展開
①メニュー展開

開いた初期状態がこちら現在の証拠金維持率は972%となっています。

リスクシミュレーションの初期状態
②初期状態

次に想定する最悪のレートを登録していきます。

リスクシミュレーションのレート登録
③レート登録

登録後の状態がこちら。

リスクシミュレーションのレート登録後の状態
④レート登録後の状態

99%!!現在の私の設定と保有しているポジションからするとぎりぎり100%を切ってしまっていました。

ただ99%なので少額でも資金を追加すれば大丈夫ですね。

資金を10万円入金してみます。

リスクシミュレーションの追加入金
⑤追加入金

入金後の状態がこちら。

リスクシミュレーションの追加入金後の状態
⑥追加入金後の状態

無事100%以上を達成しました。

ただし、実際にショック相場になった際にはロスカットされないように500%くらいで早々に資金を追加すると思います。

ロスカットされないことに全力を捧げます。

リスクシミュレーションは、シミュレーション時点の資金や、保有しているポジションによって変動してしまうため必ず自分でやって確認しておきましょう。

おすすめ5通貨ペアの実績

早く実績を紹介していきたいところですが、令和3年10月が5つの通貨ペアを定めた初月、しかもレンジ幅やトラップ幅を数回変更したため、ほぼ参考にならないためこちらの記事では載せないこととしました。

とりあえず試行錯誤しながらおすすめ5通貨ペアの設定を確立でき、ほっとしています。

含み損前提の資産運用のため、すぐに結果が出るわけではありませんが、引き続き毎月の運用結果報告で実績を紹介していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「トラリピ【マネースクエア】おすすめ5通貨ペア③ ~トラリピ設定編~」ということで、おてぴが運用している5つの通貨ペアの設定、バックテストを紹介しました。

バックテストの結果からも決して悪い設定ではないようです。

実績はこれから付いてくるものと信じてしばらく運用していきます。

これからトラリピを始めてみようかと思っている人、ほかの人の設定を見てみたいという人、みなさんぜひ参考にしてみてください。

男性 喜びの顔

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!

参考になったと思ったら、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

トラリピ【マネースクエア】のおすすめ5通貨ペア③ ~設定編~

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

仲良くしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代/妻と子2人/元税務署職員/FP2級
持ち家のローン地獄と戦いながら、代用有価証券FX×ETF積立をメインに約1500万円運用中です。
iDeco/積立NISA/仮想通貨積立/高配当株/株主優待などに分散投資しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次