iDeCoでセゾン投信を運用した結果・本音・今後の方針を紹介

iDeCoでセゾン投信を運用した結果・本音・今後の方針を紹介
  • URLをコピーしました!

我が家のiDeCoでは、セゾン投信の2つの投資信託、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン資産形成の達人ファンドを積立しています。

今回はその運用結果と本音(メリット・デメリット)、今後の方針について紹介していきます。

セゾン投信ってどうなの??セゾン投信で積立してるけど他の人の結果や感想はどうなの??そんな方に見ていただければと思います。

  • 画像はクリックして拡大できます。
  • 目次をクリックで好きなところにジャンプできます。
  • 各数値等は最新情報のご確認をお願いいたします。
  • 慎重かつ適正な記事作成に努めておりますが、掲載内容の適時性、正確性、有用性等に関して一切保証するものではありませんのでご理解いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログの運用実績を除く投資に関する情報は、個人的見解であり、投資に関する決定は自らの判断と責任により行っていただきますようお願いいたします。
目次

セゾン投信を選択した理由

私が投資信託を始めたきっかけは、セゾン投信の代表取締役である中野晴啓さんが執筆している「投資信託はこの9本から選びなさい」を読んだことです。

中野晴啓さんは日本の投資信託の抵コスト化の先駆けと言われており、販売当初は、セゾン投信の信託報酬は他のファンドに比べ低いことで知られていました。

この本は、投資をしたことがなかった私でもわかりやすく投資信託のメリットや複利の効果、どういった投資信託を選ぶべきかということを教えてくれ、私が資産運用を始めるに至った大切な本です。

iDeCoは老後まで長期間積立するという前提があることから、この人が代表をしている投資信託なら問題ないだろうという精神的な面から、セゾン投信を選択しました。

セゾン投信の運用結果

積立割合は、安定志向で次のようにしています。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド・・・7割
  • セゾン資産形成の達人ファンド・・・3割

運用期間は、私(夫)分が約5年(楽天証券)、妻分が約3年(SBI証券)です。

積立のため、1年あたりの利回りの算出は難しいですが、単に運用年数で割ったとしても十分すぎる利回りを達成しました。

夫のiDeCo(セゾン投信)運用結果
夫のiDeCo(セゾン投信)運用結果
妻のiDeCo(セゾン投信)運用結果
妻のiDeCo(セゾン投信)運用結果

まとめると次のようになります。

スクロールできます
ファンド取得価格現在評価額評価損益利回り単に運用年数で割った利回り
夫)セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド442,216円552,496円110,280円24.9%5.0%
夫)セゾン資産形成の達人ファンド184,846円262,423円77,577円42.0%8.4%
妻)セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド324,854円396,160円71,306円22.0%7.3%
妻)セゾン資産形成の達人ファンド139,235円193,547円54,312円39.0%13.0%
合計1,091,151円1,404,626円313,475円28.7%
夫婦のiDeCo運用結果

セゾン投信の本音

セゾン投信のメリット

セゾン投信は、iDeCo、iDeCoでないにかかわらず、2つのファンドのみを販売しています。

他の投資信託と比べて、この2つしかない、分かりやすい、厳選されているという点が最大のメリットです。

また、直販型とっているため、運営側との距離感が近いという点も安心材料です。

上記2点に加えて、低コストのインデックスファンドの先駆けであり、十分な実績があることが、特に投資初心者にとってはとてもおすすめできる投資信託と言えます。

セゾン投信のデメリット

運用経費

運用する前から分かっていましたが、運用経費(信託報酬や信託財産留保額)については、他のインデックスファンドなどに比べると遅れをとっています。

ファンドの中身が異なるため一概に比較はできませんが、近年の信託報酬の低コスト化を考えると運用経費が大きいと言わざるを得ません。

スクロールできます
取扱い証券ファンド信託報酬実質信託報酬 信託財産留保額
SBI・楽天セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.506%0.57±0.02%0.1%
SBI・楽天セゾン資産形成の達人ファンド0.583%1.35±0.2%0.1%
SBISBI・全世界株式インデックス・ファンド
愛称:雪だるま
0.0682%0.1102%無し
楽天楽天・全世界株式インデックス・ファンド
愛称:楽天・バンガード・ファンド
0.132%0.212%無し
SBIeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)0.1144%以内0.1144%以内無し
主な全世界株式ファンドの運用経費

簡単に、毎月3万円の積立、信託報酬が0.5%の差がある場合(利回りを仮に5.0%と4.5%)、30年間の運用をシミュレーションすると次のようになります。

スクロールできます
毎月積立額運用利回り将来の運用資産額差額
3万円4.5%22,781,585円
3万円5.0%(信託報酬が0.5%小さい場合)24,967,760円2,186,175円
信託報酬の差による積立シミュレーションの差

たった0.5%の信託報酬の差であっても、30年間運用後の差額は約218万円にもなります。

このことからも信託報酬の差は大きいと言えます。

リターン

その差をリターンでまかなえるかが論点となります。

3年間の比較しかできませんが、次のとおりです。

スクロールできます
取扱い証券ファンド6か月(%)1年(%)3年(%)(年利)
SBI・楽天 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 8.33%16.73%8.5%
SBI・楽天 セゾン資産形成の達人ファンド 10.15%31.52%12.22%
SBI SBI・全世界株式インデックス・ファンド
愛称:雪だるま
15.71%34.64%13.24%
楽天 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
愛称:楽天・バンガード・ファンド
17.12%36.87%13.72%
SBI eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 17.21%34.28%14.34%
主な世界株式ファンドの運用リターン(2021年9月7日時点)

これまでの結果による判断でしかありませんが、ちょうど実質的信託報酬の差分ほどリターンの差が出てしまっており、現時点では信託報酬の差をリターンでまかなえている状態ではありません。

今後の方針

以上のことから、これまで運用してきたセゾン投信については十分な結果を残してくれましたが、より信託報酬の低い、リターンのあまり変わらないファンドに乗り換えることとします。

次回乗り換え方法について紹介してきたいと思います。

まとめ

  • セゾン投信は2つのファンドのみ取り扱いを行っており、分かりやすい、厳選されているという点が最大のメリットであり、これまで十分な実績があることが、特に投資初心者にとってはとてもおすすめできる。
  • セゾン投信は、近年の信託報酬の低コスト化を考えると運用経費が大きいと言わざるを得ない。これまでの結果だけを見ると、信託報酬の差をリターンでまかなえている状態ではない。

この記事が少しでもセゾン投信を考えている人の参考になればと思います。

気になる方は、資料請求して自分で内容も見てみるのが一番いいですね。

↑↑公式サイト↑↑

まだ口座開設していない人は、まずは口座開設からしておきましょう。

SBI証券 iDeCo
男性 喜びの顔

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!!

参考になったと思ったら、ポチっとしていただけると嬉しいです!!

iDeCoでセゾン投信を運用した結果・本音・今後の方針を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

仲良くしていただけると嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代/妻と子2人/元税務署職員/FP2級
持ち家のローン地獄と戦いながら、代用有価証券FX×ETF積立をメインに約1500万円運用中です。
iDeco/積立NISA/仮想通貨積立/高配当株/株主優待などに分散投資しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次